活動状況

[研究成果] 北村班の研究がCell Rep誌に掲載されました!

2021.07.30

Yamamoto, K., Goyama, S., Asada, S., Fujino, T., Yonezawa, T., Sato, N., Takeda, R., Tsuchiya, A., Fukuyama, T., Tanaka, Y., Yokoyama, A., Toya, H., Kon, A., Nannya, Y., Onoguchi-Mizutani, R., Nakagawa, S, Hirose, T., Ogawa, S., Akimitsu, N., and Kitamura, T. (2021) Epigenetic regulator ASXL1 interacts with NONO and is involved in paraspeckle formation in hematopoietic cells. Cell Rep. in press.


本論文では、エピジェネティクス因子ASXL1のC末部分が構造を取りにくいIDRであり、NONOSFPQに結合し、NONO-NEAT1の相互作用を促進してパラスペックル形成に関与することを報告した。C末を欠失した変異型ASXL1(ASXL1-MT)を発現させると、NONOが核外に移行しパラスペックルが消失する。造血幹細胞におけるNONOのノックアウトあるいはNLSを欠くNONOの発現は、ASXL1-MTと同様に造血幹細胞の造血再構成能を阻害した。以上の結果は、ASXL1がパラスペックル形成の重要な要素であり、ヒストン修飾とは異なるメカニズムで細胞プログラムを調節していることを示した。